保険会社が破綻したら ☆1★

万が一、現在加入している生命保険会社が破綻してしまったらどうなってしまうのか。破綻してしまったら、そのときの年齢や健康状態などによっては、それまでと同様の条件で、新たに加入することが難しくなります。生命保険会社は、破綻してしまったときに3つの対策をして破綻時のリスクに備えています。日本国内で営業を行う全ての生命保険会社は、破綻したときの受け皿として、生命保険契約者保護機構に加入をしています。略して保護機構といいます。保護機構は、平成10年(1998年)12月1日に設立し事業開始した法人です。この保護機構の3つの対策で契約が継続されることになります。その3つの対策とは、①保険会社が破綻したときに、全てを受け入れる(救済保険会社による契約の引き受け)。これは、そのまま営業を継続して、保険料を受け入れ、保険金の支払い、新規の募集も受け付けます。②既存の顧客のみ引き受ける。

風速計 携帯

白金測温抵抗体 温度センサー

求人 エステ 白金

新潟市 新築

関連ページ